FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ボスを守れ 最終話 

最後の最後まで素敵だったムウォン本部長さま(笑)

boss18-1.jpg



囲まれた記者たちを前にジホンはウンソルとの熱愛を堂々と認めた。
そのニュースは一瞬のうちにネット配信され広まった。
映像を見たムウォンはニヤリとしながら電話する。
「事件だけ起こして逃げたのか?」
「うん。おまえが解決してくれるだろ?」
事態の収拾だけムウォンに押しつけて姿をくらました。

ジホンとウンソル。
「ちがうと言ってもどっちみち信じてくれないなら認めた方がカッコいいだろ?」
「付き合ってないでしょう私たち」
「ウンソルの世界と僕の世界のぴったり中間に行くことにするよ。
顔が売れたノ・ウンソル、もう逃亡もできないよ」
「もう...好きなようにしてよ」


ムウォンとムウォンママ。
「ジホンのスキャンダル、もしかしてお母さんの仕業?」
「違うったら!」
ネット流出の汚名を着せられたムウォンママはナユンママのところへ。
「あんたでしょ!」「証拠でもあるの?」
「ナユンとムウォンは結婚なんかさせないから!」
髪をひっぱりあって大げんかする大人げない二人。


boss18-15.jpg



ムウォンとナユン。
お互いのママの大げんかで泣きじゃくるナユン。
「あなたとずっと付き合うなら死ぬだろうねってママに言われた..」
「絶対にないね。君が言っただろう?戦争中にも愛が芽生えると。
僕らがずっと僕らのことをやればなるようになるさ」
自分のことをなだめてくれたムウォンに愛を感じたナユン、
「あなたもついに芽生えたのね?!」
ムウォンは言葉はなかったが、穏やかな笑顔でナユンへの愛を認めた。
うれしくなりそっとムウォンの肩に寄りかかるナユンだが
「重いっ」「ちょっと堪えてっ」
そっとナユンの肩を抱くムウォン。ボケとツッコミがかみ合う二人(笑)

会長に自分たちの思いを許してもらおうとするジホンとウンソル。
「本社に戻る約束をしたけど、僕は能力の限り気楽に生きるのがいい」
内部告発者として誤解されたままのウンソルの肩を持ちながらも、組織に害を及ぼした事実を認め
後継者にはならず、会社から出ていくことを明らかにした。
「言うことを聞かないつもりなら出ていけ」
「わかりました」と言って、ウンソルんちへ行く二人。

ミョンランは気をきかせてナユンちへ。
ナユンはムウォンに電話をかけた。
「こんな風に眠れない時、彼が電話で歌ってくれるのが願いだったの..」
そんなナユンのおねだりに甘く優しい子守唄を歌ってくれるムウォンにメロメロのナユン。
そりゃそーだわね(笑)
が、ちょうどその時ネットにヤンチャだったウンソルの過去写真が流出。
「ウンソルがこんな遊び人だったなんて...失望だ..」と言いながら気にしてないジホン。
「私こんな恥ずかしい遊び人じゃなかったわよ」と応酬。

とんだ有名人になってしまったウンソルを心配して会社で声を掛けるナユン。
ウンソルに好奇の目を向ける人々に食ってかかる。
そのまま二人は彼氏を連れてWデートへ。
見せつけ合うナユンとジホン(笑)
このシーン、めっちゃ和んだ。。

ナユンママは脱税容疑で尋問され、奉仕活動をする羽目に。
会長に詫びを入れに行って、許しを乞うためにナユンママを裏切ったパク常務の仕業だった。


boss18-28.jpg



家でたらたらするナユンにムウォンから電話。今からそっちへ行くと。
いいところを見せようと、料理の食材を買い込んで料理を始めるも経験もなく全然ダメダメなナユン。
ひっくり返して途方に暮れてるところにムウォンが登場。
エプロン姿もお似合いで、手際良く美味しそうな料理をチャチャっと作ってしまう←慣れた手つき(笑)

ワインを飲みつつ
「俺はキレイな経営をしたい。でも特別なことをすると圧力があるだろう。
僕は天才だから、バカなやつらが僕を蹴落とそうとするかもしれないが..
それでもいいかい?それでも一緒にいられる?」
キョトンとするナユンは「プロポーズがこうなの?」
「プロポーズじゃないよ」「プロポーズでしょ!」
ムウォンらしいっちゃーらしいプロポーズ(笑)


boss18-12.jpg


会長宅。
最後によく考えて..ともう一度お願いするジホンの強い意志に折れ、奉仕活動を毎日手伝いながら会長にジホンとの愛を許諾してほしいと懇願し続けたウンソルの熱意に折れて、とうとう二人の付き合いを認めることにした。
「ありがとう、お父さん」抱き合う二人。
次の日、テレビ会見でジホンを後継者に定めないと公式発表した。

ジホンはウンソルを連れて高級レストランへ。
「なんか準備したの?もしかしてプロポーズ?」とあまりのベタな設定に読まれてしまうジホン。
「もう新しい方式がなかったよ..」とネタばらししながらも
君を愛するよ..という歌を熱唱した後
「ノ・ウンソル。僕たち結婚して恋愛しよう」とプロポーズ。
返事の代りにキスで答えるウンソル。


boss18-31.jpg


結婚式当日。
式場に到着したナユンは通り魔にバッグを奪われる。
得意の缶蹴りで犯人を捕まえるウンソルだったが、バッグの中は空っぽ。
ナユンはこれから使う二人の結婚指輪を忘れてしまったのだった。。

結婚式の間、登場人物それぞれの、やはり新しい人生を送る姿が描かれた。
ジホン「どんな明日が来るのかな?」
ウンソル「さぁね^^どうか昨日とは違うキレイな未来になるように。。」

結婚後、ウンソルの支えもあってベンチャー企業家として成功したジホン。
テレビのインタビューで
「いい経営をしたいなら、自分の好きなことを好きだと思えるようないい人を愛しなさい」
お互いを理解しあうことこそが大切だと。


boss18-26.jpg


その様子をテレビで見てたムウォンとナユンはまだ恋人のまま。
「プロポーズしたけど、結婚はまだできない」
「わかってる。あなた忙しいもの。結婚して忙しくすればいいのに..」
「ふふっ..おまえはまだ子供だからな」
「早く大人になるから~!」
よかったね、ナユン。

並木道を手をつないで歩くジホンとウンソル。
幸せな相合傘でキスをする二人。。。でジ・エンド。


bosslast.jpg



お約束の写真もラストとなりました..今までずっとカムサムニダ!
この2ヶ月、毎週ジェジュンに会えて本当に幸せでした。たくさんツイってくれたし..
回を重ねるごとに生き生きと輝いていたムウォン。
歌も聴けたし、かわいらしい酩酊姿も見れたし
素敵なキスもあったし、エプロン姿まで見れて..
細かいこと言えばツッコミどころはあるけれど、もう個人的には大満足(笑)
大好きだったムヌニムに会えなくなるのは寂しい限り(T―T)
撮影本当にお疲れ様でした。素敵なドラマをありがとう..これからもずーっと応援してる!!
ドラマの感想は母屋へ→【偏愛home】



スポンサーサイト

category: Protect the boss

Posted on 2011/09/30 Fri. 20:47  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。